小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

10回目の綾部、2回目のじょんのび

かれこれ10回ほど通ったろうか。いつも日帰りなのだが、こんかいは口上林のお宅に泊めていただく約束なので、時間的には余裕がある。なにせETC割引が効く時間帯に京都縦貫道路を走りきらねばならないので、和知で寄り道をしたにも関わらず10:30頃には「じょんのび」に到着した。
途中の大銀杏は今年も見事に色づいていた。先週はこれほどでもなかったが、週末からの寒さが功を奏したのかもしれない。
b0042882_22295729.jpg

じょんのびは先週に初めてお邪魔して、その日の夕方にもお邪魔したので、正確には3回目のはずであったが、「定休日である!」ことをすっかり忘れていた。
いっぷくがてら積んできた無線機で、茨木県の局を呼んでみたら、46のレポート、それでも何とか交信成立。




気を取り直して綾部温泉へ向かったが、「そうだ君尾山に登ろう!」。時間に余裕があるというのはこういうこと?前から光明寺・二王門は見たいと思っていたのでした。途中、一台だけ対向車があったが、林道をひたすら走ると、キャンプ場との分かれ道があったので、まずは光明寺さんへ立ち寄った。
b0042882_2236334.jpg

光明寺は推古天皇7年(599年)に聖徳太子によって建てられたと案内板にはあった。随分古いものだ。
小雨交じりのせいか、ひっそりとし参道を下っていくと、先週行った綾部温泉が下に見える。
b0042882_22401052.jpg

この写真は二王門を潜って正面から見たところ。そのご本堂にもお参りして、キャンプ場のほうへ向かった。向かったついでに頂上を確認しようとどんどん走ると下りになってしまったので、道の途中を歩いていくしかないようだ。一応確認したことにして、少し戻って「幻の大栃」の看板まで戻る。
b0042882_22432052.jpg

実はここで30分以上歩いてみたのだが、大栃は発見できなかった。矢印は間違いなさそうだが、そもそも地図の南北が間違って描かれている。光明寺とキャンプ場の位置からしてこのあたりなのは間違いなさそうだったが、整備された道を歩いている限り見つからない(その通りで獣道を下らないと発見できないので、「幻」というそうです、笑)。
[PR]
by susumuja | 2008-11-09 22:46 | 旅行・小旅行