小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

PLC、電力線を使った高速通信に反対します 3364

総務省がパブリックコメントを募集しています。(11月21日まで)
私は団地の専用庭にワイヤーアンテナを引いて短波通信をしていますが、ただでさえ庭の上を走る電力線からノイズが入るのに、この上ノイズ源が増えることには反対です。
本来ならほとんどノイズ源のない郊外の環境に、電力線がノイズをまき散らかしています。トランジスターラジオを持って、電柱の根元に行けば「ジージー」聞こえるでしょう。
こんなことさえ直せない電力会社ですから、たとえ家の中の電灯線に限定するといっても信用できません。
技術力の問題で言ってるのではなく、営利企業である限りコストの問題があって、そこまで手間が掛けられないのは目に見えているからです。まして街中に住んでいる方は大変だと思います。いったいどこから来たノイズであるかさえ特定できないと思います。
そうしたものを使いたい国へ輸出することはあっても、国内での使用を総務省が認めるのは許せません。
電車の中では電源を切りましょうといっても、携帯電話機が立派な無線機である意識が一般の方にはほとんどありません。通話しなくても、電源を切らない限り中継局とのやり取りは続いているのです。PHSと携帯電話の出力についても十分PRできていないと思います。
----
詳しくは、「JH3YKV's Amateur Radio News」10月25日の記事をご覧ください。
[PR]
by susumuja | 2005-10-26 21:54 | 四方山