小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

古い写真

生まれ育った家は戦後に親父が大工さんに手伝ってもらって建てたもの。結婚当初は屋根も未完成で、私が生まれてからようやく完成したような話だった。
b0042882_1759255.jpg





実際、器用な人だから若い頃に大工さんに誘われたこともあるらしい。壁土は大八車を牛にひかせて刀根山まで取りに行ったとか、給料が入れば柱を板材を買ってといった話も聞いた。
私が高校生の頃までは、ブロック塀の普請などを手伝ったので見よう見まねでコンクリート練もできるしちょっとしたものなら我流で出来るようになった。子供の頃に家に会った大工道具はすでに用済みだったが、今それらの道具を貰い受けて綾部の家の改修に使っているのだ。
鑿やカンナの刃を研ぐと良いのだろうが、まともな砥石も技量もないので、そのまま使っているが昔の道具は素材が良いのか、それなりによく切れる。
b0042882_1894544.jpg

もう一枚は通っていた小学校の写真。私が通った時点では後者の手間に25mプールがあったので、この写真はそれ以前のものだと思う。池田市政何周年かの記念誌に掲載されたものだ。
[PR]
by susumuja | 2015-08-30 17:57 | ひとり言