小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

タマネギの収穫など

大阪にいてコーナンなどで売っている苗など見ているとつい焦ってしますが、綾部の畑ではまだまだ早いという事がある。収穫もおそらく1,2週間は遅いのではないかと思う。タマネギは地上部の葉が萎れて倒れたら収穫時だというので、引っこ抜いてみた。
b0042882_15451492.jpg




向こう側の赤タマネギは未だしっかりしているので、少しおいておく。
b0042882_15460602.jpg
先週植えたサツマイモはこの通り元気だが、それでも何本か萎れていたので、残しておいたツルで補植した。
b0042882_15473722.jpg
これは綿の苗だがほぼ出そろったようだが、大して大きくならない。種蒔きは4月30日でほぼ一か月でこれだ。肥料分が足りないのか、水が足りないのか、気温が低すぎるのか。毎日世話ができる訳ではないので、こうして心配はしても何にも手を出さない。頑張ってもらうしかない。
b0042882_15534778.jpg
こちらは昨年、もらった糸瓜(ヘチマ)を植えていたところに、苦瓜(ゴーヤ)を植えてあるのだが、これも芽は出したが余り大きくなっていない。昼間の気温は上がるが朝方など気温が低いからだろうと思う。
b0042882_15535133.jpg
今年はトウモロコシを試してみようと種を買ってあったものを、セルトレーに蒔いておいたら少し芽を出していた。
b0042882_15534926.jpg
お隣との間にもネギなどを植えてあるが、ネットは山芋のツルが巻くように用意した。ムカゴという地上部にできる芋の子(実)は、塩茹でにすればおつまみになる。しかしこれを埋めてやると一年かかって少し大きくなるそうな。それを掘り出して、さらに翌年に畑に植えると、いわゆる山芋として収穫できるというので、気の長い話ではあるが試してみているのだ、笑。

[PR]
by susumuja | 2015-05-29 22:35 | いなかぐらし