小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

久し振りの今出川キャンパス

大学祭の時に一度今出川キャンパスを覗いてみたいと思っていたが果たせず、ようやく今日になった。
地下鉄・今出川駅の北側改札を利用すると、そのまま良心館(同志社の建物はたいていこういう漢字名が使われる)の地下に直結されていて驚いた。
b0042882_20513170.jpg





写真は良心館地下のラウンジ。
b0042882_20533007.jpg
今日は同志社出身の歴史小説家・澤田瞳子さんの講演会があるというので、まったく門外漢であるが会場を覗きに来たのだった。実の所、文系の話はまず基礎的な知識が不足して余り面白くなかろう覚悟してきたが、あにはからんや面白かった。
b0042882_20570729.jpg
たまに異分野の話も面白いと一人合点したら腹が減っているのに気が付いて、良心館の地下でうどんを喰ってから、最上階まで行ってから階段を下って一旦、烏丸通りに出て相国寺へ。
b0042882_20571164.jpg
相国寺に面している最北の建物は博遠館で、田辺キャンパスに移るまで工学部が使っていた。この建物は実は就職先の事務所から肉眼で見えていたし、たまに歩いて研究室を訪問することもあった。
烏丸通りに面した学生会館が取り壊されて、寒梅館になってからは一層、帰る道に立ち寄る機会が増えた。
b0042882_20571527.jpg
実は夕刻になれば、この時期はクリスマスシーズンだからツリーの電飾が見れるかと時間を潰しかけたが、流石に相国寺から戻ってハリス理化学館の展示物を見たりしてもなかなか時間が経たない。
b0042882_20571744.jpg
在学中から創立者が新島襄という事は勿論知っていたが、先年のNHK「八重の桜」でより親しみを覚えた。遺品などの展示もあって、いくつかは私もどこかに持っている校章がある。すでに歴史の一部になりつつあるなあと変な感心をしたものだ。
b0042882_20572081.jpg
理化学館を出てキャンパスをうろついていると、前職で一緒だった人が向こうから歩いて来て聞けば職員として働いているという偶然もあった。
電飾にはまだだいぶ時間があるので、仕方なく京都御苑に入って河原町方面へ歩き始めたのだった。



[PR]
by susumuja | 2014-12-06 20:22 | ひとり言