小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

青葉山(京都府)へ行った

山登りは趣味ではないし、たまに誘われていく程度だが、少し前に青葉山に登った人の写真を見て是非登ってみたいと思った。下からざっと一時間で山頂に立ったのち、昼食後にゆっくり下ればいい程度に考えていた。
しかし、そんな生易しい話ではないというのが少しずつ分かって来た。
b0042882_23283793.jpg




舞鶴の松尾寺に車で行って、そこから登ればよいという事については何ら問題はなかったが、山頂が二つあるというのだ。それを聞いたのは2日前、調べてみたら確かに西と東にそれぞれ692と693mの頂があるらしい。
b0042882_23312288.jpg
ジョンノビさんの店の休みが火曜と金曜で、14日の金曜日が良かろうと同行者を募ってもらっていたが、紆余曲折があって二人で行くことになった。
おかげで弁当はコンビニででも調達しようと思っていたところを私の分まで作ってもらえた。美味しかったよ!
b0042882_00104680.jpg
こまごまコースの説明はしないが、お寺の本堂をすり抜けて山に入ってしばらくは平坦だったが、間もなく傾斜のきつい山道になって、御覧の通りに太いロープが備えられていたり、
b0042882_23362124.jpg
鉄梯子が設けられていたり、何度も休みながら結局90分ほどかかって西の山頂にたどり着いた。
b0042882_23405970.jpg
実際には祠があって、その裏の岩をロープを頼りによじ登ったところが山頂である。
南側を望めば期待通りに二年前に登った弥仙山(664m)が良く見えた。
b0042882_23440118.jpg
尖っているところが弥仙山。
b0042882_23472083.jpg
北側、足元には内浦湾が見える。
昼食には少し早いので、休憩後に東の山頂を目指した。
b0042882_23521061.jpg
ジョンノビ(小原)さんから、この山は溶岩でできたので随分と急峻なんだと薀蓄を聴きながら、しかし本当にところどころ腰の引けるような場所を辿ってようやく東の山頂へ着いた。
b0042882_23530646.jpg
お寺を9時過ぎに出て、ここで11時46分だから2時間半以上かかった勘定だ。
b0042882_23251202.jpg
ここで45分ほどかけて昼食。この先は下るのみ。
b0042882_23595535.jpg
小原さんはここを下った先に行きたいところがあったらしい。目的物を探している模様。
b0042882_00014025.jpg
さらに下っていくと和田の浜が見えて来た。左手は大島でここにも古い遺物があるらしい。
b0042882_00033438.jpg
あらら、降りた先に入山届箱があった。松尾寺の方にもあったのだろうか。あったとしてこちらに降りてしまったら、どうすればいいんだろうかなど考えながら、高野の集落にでたのが14:15で、ざっと5時間かかっている。まだこれから里道を松尾寺に小一時間は歩かないといけないから、しっかり6時間コースという事になる。
下り道で膝がガタガタになってしまった。
b0042882_00121758.jpg
最後の写真は、その昔に水上勉さんが教鞭をとったという分校跡。小原さんはここに来たかったらしい。

/*



*/







[PR]
by susumuja | 2014-11-14 23:17 | 旅行・小旅行