小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

台湾再訪 その3<2日目>

翌朝は6時半から朝食、7時半に出発ですから、結構忙しいのです。
b0042882_15541651.jpg





二階の食堂で、道行く車など眺めながらバイキング形式の朝食。一応、和食もありましたが、お粥で通しました。普段はジャムトースト一枚なのに、たくさん食べても体がびっくりするでしょうから、控え目です。残念だったのは、フルーツの類がほとんどなかったこと。
b0042882_15492632.jpg

出発前はお天気を気にしていたのですが朝から天気が良くて、しかし淡水は水面が広がっているせいか、蒸し暑かったです。
以前に来た時は、淡工大学を訪問し夕方から淡水の街を散策しましたが、今回行ったのはさらに先の福容大飯店の向こう側です。吊り橋なんかもあって駐車場も広いのですが、強烈な日差しですぐさま建物の中に避難。予想以上の暑さでした。
b0042882_1614874.jpg

その後バスで少し戻って、北投温泉へ。淡水同様に、MRTの新北投駅というのがありました。日本時代に開発が進んだようで、加賀屋ホテルがあったり、昔の警察の保養施設が博物館として残されていました。ここの湯の華にはラジウムを含有しているらしく、土産物に勧められましたが、みなさん興味はなかったみたい。
b0042882_1675415.jpg

この先にいわゆる「地獄(湯ノ池)」がありました。昼食前に土産物屋に行ったのですが、初日からなかなか買う気はせず手ぶらで出ましたが、結構買い込んでいる人もいました。そしてこのツアーのハイライトの一つ、小籠包の有名店、鼎泰豊での昼食です。
b0042882_1673586.jpg

以前は狭い階段を三階まで上がったりした本店でしたが、ここは一階部分の面積も広くて明るい造りでした。その後、台北101の団体入口に所にも広い店を見つけましたが、お店が展開されるに連れて評判は下がる傾向のようです。実際、火傷しそうな熱々を振舞われた前と違って、店員が平気な顔をして数段の蒸籠を腕に載せておりました。
b0042882_16155358.jpg

昼からは中正紀念堂を散策し、衛兵交代の見学は市北部の忠烈祠へ。ちょうどあろうことか、抗日戦勝記念日に当たるらしく、普段より念入りな交代式が延々30分ほどかかってやっていました。
b0042882_16145986.jpg

そして本命の故宮博物館ですが、ここは全面撮影禁止、あと室内は23度に保たれてかなり寒いです。外は35度ですから、内外差で連れはやられました。
b0042882_16284131.jpg

多少自由時間もあったのですが、ホットコーヒーで体を温めるのが精いっぱい。
b0042882_16341134.jpg

我々だけではなく、他のメンバーも休んでいました。
b0042882_1635251.jpg

普通ならこれでホテルに戻って余韻を楽しむというところでしょうが、ここからさらに夕食へ向かう前に中国茶の容れ方見学、気に入った人はお茶などを購入。私はプーアル茶に多少興味はありましたが、20年物と30年物と高級?品しかおいてなく買いませんでした。
夕食は同じビルの地階に降りて、石焼鍋料理。店員が鍋物を仕上げる間、肉まんが振舞われて、鍋物、スープに麺を入れて、最後にご飯を入れて雑炊を食べました。
昼食も、夕食もお酒の注文を取ります。ビールが150NTDで毎回何人かの方が気前よく注文していました。トイレが近くなるといけないので、ひたすら我慢して、ホテルに戻ってから寝る前に缶ビールを飲んでました。ホテルにはセブンイレブンがあって、たいていのものは調達できます。
さてこの日の最後は、夕食後にさらに士林夜市の見学がありました。
b0042882_1648059.jpg

いわゆる夜市はマレーシアでも未体験でしたし、今度はちょうどよい機会だったのですが、子供連れや、比較的若い人には良いでしょうが、年配者にはそぞろ歩きは疲れるばかり。
夜市入口のそばのセブンイレブンで、夕張メロンソフトクリームを25NTDで買って、しばらく店内で涼んでから集合場所へ、帰りのバスが動き出したのは21時を回っていました。
[PR]
by susumuja | 2014-09-06 16:51 | 旅行・小旅行