小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

色々あるはなあ

先週は珍しく土曜日の無線部の定例会に出席した。たまには顔を出さないと忘れられそう、てことはないのだが、一時ほどMLの運用がされなくなっている気がするし、メンバーの消息がつかみにくくなっているので、たまには様子を見に行く必要にかられたということだ。
b0042882_145567.jpg





京都縦貫道の丹波=綾部間も工事は着々と進んでいる。もう来年の3月末には開通と思っているが、それも待たずにI上さん夫婦が上林から撤退したと、立ち寄ったジョンノビさんで過去形で聴いてショックが走る。
ひと月ほど前に、偶然サンチャカフェで、初めてゆっくり話ができたねと言ってたのは、これの伏線だったのだと、今になって思い当った。
b0042882_1494045.jpg

雨がなかなか降らない今の間に掘り上げたいジャガイモだけど、まだまだ芋が小さい。もう少し大きくしてから掘ろうと思う。
しかし見切りも大切だ。
サンチャカフェで初めて親しく話ができた後、あの人達はいつまでこうして上林に通うのだろうかと、ふと心に残るものがあったけれど、虫が知らせたのかなあとも思う。他人ごとではないというのは私だけではないと思う。こちらに定住している夫婦でも、いずれどちらかが先に逝くことにのが普通だろうから、一人になっても生きていけるだろうかと考えるのは自然なことだ。
b0042882_1554696.jpg

ネギボウズがはじけて種がこぼれそうだったので、刈り取ってみた。ねぎを植えたのは何年も前のことで、その時は全然うまく育たずに従って収穫もできていなかったのだが、忘れたころに育って種をこぼすようになった。
b0042882_1573189.jpg

蒔かれた種はいつでも順調に芽を出して育つわけではない。何かと複雑な環境との関係の中で芽を出して、何世代も経てその土地に根付くというものだ。
b0042882_22123576.jpg

何とか根付いたピーナツの苗と、ミニトマト。
b0042882_22134441.jpg

サツマイモは苗を傷めてしまったので、補植をした。
[PR]
by susumuja | 2014-06-21 22:05 | いなかぐらし