小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

敷居の交換顛末記(3)

やりかけた作業を中断して沖縄旅行に出かけたのが、11月25日。月末には戻ったが、廊下部分の仕上がりをどうするか。新しく入れた土台と中間に大引きが入っているのは良いが、一番外側の敷居のしたのやはり土台がかなり痛んでいる。
虫食いも酷いが、松材で随分と反ってしまっている。いずれこれも入れ替えをしなきゃいけないだろうから、外側の土台は使わずに内側に一本奮発することにした。
b0042882_13053721.jpg





12月3日の学生実験の指導が終ってから帰りに、松井山手のMUSASHIに立ち寄って杉の三寸(90mm)角と、15mmの杉板一坪分を購入した。
12月6日には、作業再開で、まざ角材を廊下外側の土台に沿わしてはいるが、一部を金属束などで独立支持するように設置した。後々虫食い材を交換するときに板張りを壊さなくて済むようにした。
b0042882_13313437.jpg
今回、解体して廊下の板を張り直すことになって、もともと何十年も前に追加したこの廊下部分は本体の柱の沈みを是として普請されたことが分かった。
b0042882_13323028.jpg
あとはのんびり杉板を張っていくだけ。今回はマルノコ用に治具を作ったので、かなり正確にカットできた。それをコースレッド螺子をインパクトドライバーを使って締めこむだけ。
b0042882_13331002.jpg
予めカットしてあったので、12月7日は志賀郷にケントさんの家を見に行ったり、帰りに材木屋に立ち寄ったりしたけれど暗くなる頃には貼り終えた。杉板の手前の痰面が左端は少し浮いて、右端は沈んでいるのが分かる。廊下がまともで、畳の部屋側が3cmも傾いているのだ、笑。

[PR]
by susumuja | 2014-02-21 15:35 | 田舎家