小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

糸満美人のイトチャン、うまんちゅまつりの沖縄4月

各地域ごとにキャラクターが流行りだしたのは、何時の頃からだろう。
滋賀県によく行った2004年頃には彦根の「ひこにゃん」がブレークし始めていたと思う。その後に奈良の「せんとくん」だったかなあ。
写真は、この日が初お目見えだそうで、NHKのカメラが取材にきていたのは、糸満市。道の駅「JAファーマーズマーケットいとまん」で開催中の「うまんちゅまつり」の会場。
もちろん私には別のお目当てがあった。
b0042882_18261270.jpg





清明祭は丁度お盆のような感じなのかなあ、家々でお供えとかするための農産物などの売り出しもあって、けっこうな人出である。
いつもは大阪や京都の過疎地をほっつき歩いているので、こうして年配の人もいるが、子供達が沢山いる情景は眩しく映る。
b0042882_18264288.jpg

いくつかの保育園から園児が来て遊戯を披露するので、その父兄や親類が見物に来ているのだった。
さすがにここは南国で、半袖のTシャツでも寒くはないし、沢山の種類の花、野菜や果物、それに海産物なども並んでいた。テントの中ではサトウキビの汁を煮詰めていたりもする。それと豚汁以外に、「ヤギ汁」は独特だと思う。
b0042882_9421735.jpg

ところで先月も那覇に来ていたのに、一月も経たない間にまたまたやってきたのは、LCCのお陰だ。
もちろん陸続きであれば時間をかけてでも車を走らせればこれるが、さすがに宮崎往復ほどもあるので、飛行機となる。それに実際車だったら、道路の通行料とか燃料代で高く着くだろう。
b0042882_18272852.jpg

しかしそれでも今回の場合は、休みの兼ね合いでかなり早くに予約していたので、往復で1万円余りの運賃で済んだ。むしろ関空への電車賃の方が割高に感じる。世の中デフレだと騒いでいるが、低所得者にとっては公共交通機関の料金は高止まりというのが実感だ。
b0042882_18274435.jpg

来るときは前と一緒で、Jetstarを使ったが、今回初めてPeachで帰ってみた。
ピーチはJetstarになどに比べて老舗だというが、確かに無駄がないというか、飾り気がない感じがした。
今回の旅行中に読んだ小説「坊ちゃん」のようなある種、清々しい印象だ。清々しいというのはかなり褒めた言い方で、実にシンプルというか素っ気がない感じ。Jetstarは、まだまだこれから紆余曲折がありそうな気がする。どこか割り切れていない感じなのだ。
b0042882_1828024.jpg

このLCC専用ターミナル、どこの空港でも見かける電光掲示板など一切なし。
ここは全日空の貨物用倉庫を改装したもので、駐機場も貨物機エリアを使っているらしい。だから搭乗口のドアを開けると、ご覧の通りで、ガイドさんに導かれて飛行機の所まで歩く。
Jetstarの場合は、バスで運んでくれる。どちらが良いかはわからないが、とにかくピーチは老舗の貫禄十分だった。
ただいただけないのは、関空にせよ、那覇にせよ、ピーチの場合、通常のターミナルビルからバスで10分弱の距離があり、ベビーカー持参の乗客にはお勧めできない。
b0042882_18281790.jpg

今回も滞在先はウイークリーマンションだったので、外食に飽きたら、ゆいレールにのって小禄駅まで行けば、大きなイオンがある。お惣菜など買ってくればよいし、材料を仕入れて自炊もできる。それ以外に、サンエーや、りゅうぼうというスーパーがあちこちにあるので、歩いて買い物に行ける。
b0042882_18325996.jpg

じつは観光客には定番のレンタカーは、先回も今回も借りていない。タクシーも安いので利用しやすいし、那覇市内はそれであまり不便はない。
b0042882_1828334.jpg

いずれ路線バスにも挑戦してみようと思う。街中を歩けば、あちこちに生垣があったりする。レンタカーで走り回っていては見落としてしまうものだ。
県庁の傍でこんなのも見つけた。今の県庁がいつ建てられたのか知らないが、すぐ南の那覇市役所は三月に竣工した白亜の館だから、いずれ見学しに行こう。
b0042882_182850100.jpg

普通、市役所には用事があっても県庁となればそうそう行くこともないのは、少し考えれば当たり前だ。
それでも県庁の上には展望室があると聴いていたので、行ってみた。
聞けば食堂は上にもあるし、地階にもあると総合案内で教えてくれたが、14階の展望室続きの軽食堂で日替わり定食を頼んだ。
珈琲も頼もうかどうしようか、あちこち行きたいのでここで珈琲を飲んでしまうとと次で困るなどと話していたら、珈琲がついて680円也だったようで注文を聞きに来たのだ。
しかし、このあと地階に行ってみたら、驚愕の事実!!は大げさだが、500円からランチがあった。
b0042882_1829341.jpg

(県庁14回からパレット、RBC琉球放送を望む)
われわれより一日遅れて沖縄入りした昔馴染みの京都のYさんは、あろうことか那覇空港視界不良で着陸できず、宮古島に着陸し、そのまましばらく缶詰状態だったそうだ。そんなやり取りをIPADでしながらのランチタイムでした。
[PR]
by susumuja | 2013-04-20 22:25 | 旅行・小旅行