小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

綾町(あやちょう 宮崎県東諸県郡)

着いた翌日から南の日南海岸、北に向かって高千穂神社まで行ったあとは少々退屈してきた。コースは松林の中に見えているが、ゴルフには縁のない家族だから仕方がない。さすがに4日目は大人しくしていたが、温泉に行こうということで早速インターネットで検索し見つけたのが、綾温泉であった。
b0042882_18384979.jpg




出かける前は全く知らなかったのだが、この綾町は「日本で最も美しい村連合」の一つであった。
なぜだか入浴料がリストの中でも飛びぬけて高い(800円タオル込み)し、傍まで近づくと田畑の中の一角に娯楽施設が固まっている予感がしたものだが、飛び込んだ印象は全く違うものだった。
b0042882_18425567.jpg

いつもは綾部市上林にある、綾部温泉に馴染んでいるものだから、ついつい綾町の温泉に目が留まったということだったが、大正解。
シーガイアから小一時間で11時前には到着していたが、何はともあれ風呂に飛び込んだ。JCBカードなどを提示すると800円が600円になった。
b0042882_18461567.jpg

写真は照葉樹林の中にある露天風呂、メインの浴槽はあやべ温泉の5倍はあるように思う。サウナも二種。男湯が一階で、女湯は二階になっていた。あえていうとロッカーの幅が狭い、普通の事務所用の縦長サイズがずらっと並んでいるが、それ以外は鉄筋構造ではあったが木材をふんだんに使って、いかにも豪華。
この風呂を含めて酒造会社の運営のようで酒風呂もあったが、実際に酒が入っているのかは試さなかった。
b0042882_18555379.jpg

11時半になって少し早いが昼食を食べに入ったところで見つけたのがこの丸干し定食、500円也。とっても美味しかったのは久しぶりの丸干しということもあるが、豚汁とご飯も美味しかった。ただ一つ残念だったのは、支払いを終ると入浴料が半額になるサービス券を呉れたこと。さっき800円が600円で喜んだのに・・・。
b0042882_19101.jpg

食事をした茶店の天井もご覧の通り立派な木組みだ。
b0042882_192132.jpg

通りを挟んだ売店に戻ると、焼酎やワインの試飲ができる。そこで見かけたのがこれ。綾部はたしか「綾小町」だったと思うが、こちらは「綾錦」。
b0042882_194998.jpg

順番が無茶苦茶だが、一番奥の方にはワイナリーがあり、その眞逆の端は雲海酒造の工場で、その間に温泉(源泉は19度)や宿泊施設、茶屋やレストラン施設とガラス工房があったからゆっくり観ていたら半日掛かるかもしれない。
b0042882_199576.jpg

あいにくこの日はワイナリーの瓶詰めもなく順路を歩くだけのようだった。
この時点でも綾町がどんなところなのかまだ気がつかないでいた。町役場前では朝のうちから人が出ていてなにやらお祭りの雰囲気だったが、乳児連れの旅だから遠巻きにして、車から見かけた綾城に向かった。
b0042882_19122915.jpg

少し普通の城とは違う感じがするが、小高い丘の上にあってなかなか眺めも良かった。
b0042882_19132472.jpg

以前に北陸の丸岡城に入ったこともあるが、ここの造りは一段と豪華な木組みのような気がする。ただしWEBを繰って見ると、この城は当時の山城を想像して再現したもののようだ。
b0042882_2001886.jpg
同じ域内に伝統工芸の殿堂「綾国際クラフトの城」もあって、こちらも見て楽しめた。
とても半日で観て回れるところではなく、また機会があれば来てみたいところだ。
[PR]
by susumuja | 2013-03-02 21:31 | 旅行・小旅行