小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

大原神社(三和町)

もうすっかり稲刈りも終わっている様子だが、粒粒屋さんの裏手の田圃に植えられた緑米とかイセヒカリはこれからだというので、覗きにいった。
b0042882_14275258.jpg




まちから来た人が昨日から稲刈り体験をしに来てるという。一部はバインダーで刈っているが、基本は鎌で刈っては紐で縛って、それを稲木にかけていた。
わたしのほうは早々に引き上げて、福知山市三和にある、大原(おおばら)神社に向かった。ここで集合して、三和町川合地区の案内をしてもらうことになっていたのだ。
b0042882_14315544.jpg

国道173号線を南下して台頭を過ぎると左手にあるのは以前から知っていたが、神社まで行ったのは初めて。駐車場もあるし、安産祈願に来る人は日にちを選んで来ると思われるので、特別な行事もないときは人気がない。
b0042882_14344183.jpg

狛犬の尻尾はなぜか三本あったが、訳を聴き忘れた。
神社を下ったところにには産屋の案内板があり、川を渡って百メートルほどで産屋(うぶや)。
b0042882_14365730.jpg

川を渡るのは、大きな飛び石があるので、そこを渡ればいけるのだが、川の半ばで振り返ると不思議な景色が見える。
b0042882_14382272.jpg

ここから東南東に3キロ弱で「質志(しづし)鍾乳洞」があるが、行政区は京丹波町になる。発見されたのは昭和2年と古くはないが、鍾乳洞に鶏を放したら、この写真の穴から出てきたという伝説があるらしい。
b0042882_14491057.jpg

産屋はこの場所にずっとずっと前からあるらしい。川沿いにあって、横の田圃が流されることはあっても、この産屋だけは流されないという言い伝えがあるという。
b0042882_14524751.jpg

かやぶき屋根の上の部分を地面に直接伏せたような格好だ。
b0042882_14533825.jpg

このあと地元のT佐さんの案内で、秘密の場所(笑)もあったが、ユリという所に移動。ここは周囲の山の上にいくつもの城(砦)があって、いわば交通の要衝といえる。
一般には「みわ・ダッシュ村」が有名だと思うが、この場所から直ぐだ。
b0042882_14583610.jpg

渋谷神社を見てから農家民宿をされている「ふるま屋」さんに行って、さらに詳しい話を聞いた。
「ふるま屋」とあるが、オーナーの沢田さんによれば、FURUMAYAで美しい人という意味があるらしい。
PS:この辺りのことは「jlsp.exblog.jp」というブログに時々掲載されます。
[PR]
by susumuja | 2012-10-24 15:11 | いなかぐらし