小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

バインダーで稲刈り

当初は「家の前の小さめの田圃でお米を作りたい」から出発したけれど、紆余曲折を経て随分大きな田圃に田植えしたのが5月31日で、この辺りの田植えとしては一番遅めでした。それから110日。
田植えは歩行式二条植えの機械が借りられたから予想外に早く終われたが、借りてきたバインダーという稲を刈って紐で束にする機械はまったく使ったことがない。
b0042882_047547.jpg




バインダーを使わず、まったくの人手で刈り取ることも出来なくはないが、いずれにしても束にした稲を天日干しする必要があり、そのための場所と稲木などの資材も必要だ。
天日干しのお米は美味しいというし試してみたいが、2反を超える稲を全部干すとなると体力的にも限度を超していると思うし、何より時間もままならない。結局、基本的にはコンバインで刈って玄米にするところまでお願いして、今日のところはどこまで出来るか、試しに少しだけ刈ってみたという訳です。
b0042882_1993618.jpg

貰い物だという使い込まれた栗の木の稲木をM村さんが、とりあえず倉庫横に組み立ててくれました。こういう番線で足場を組むというのはとっても得意そうです。
b0042882_036428.jpg

刈り取りはお昼を食べてから。まずは機械を入れる隅を手で刈って、それからバインダーを使ってみます。
b0042882_038153.jpg

田植えの時は二条植えだったけど、バインダーは一条ずつで、けっこう根気が必要。雑草があったりすると、それも一緒に束になってしまうが、手で刈るよりはずっと早いし楽チンだ。
b0042882_0423954.jpg

田圃を一週半ほど刈って軽トラにほぼ一杯が採れたが、稲木にかけてみて4段で収まるか心配だったが、計ったようにちょうどぴったし。
b0042882_052616.jpg

もう一人、写真に写っていませんがカメラマンをしているうちの奥さんも、僅かだけど刈り取った束を運んだりしてくれ、夕方までに作業完了。お疲れ様でした。
[PR]
by susumuja | 2012-09-20 22:55 | いなかぐらし