小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

ようやく雨が降るようになってきた

南からの湿った暖かい空気と、きたからの冷たい空気で大気が不安定になって、局所的に大雨を降らす。耳にたこが出来るほど聞くが、実際に雨が降るかどうかは地域・地形に寄るところが大きい。
b0042882_2253136.jpg




昨年から気になっていた山の上の道路工事。京都縦貫道和知ICの対岸に見えるので、てっきり丹波ICとつなぐためのものかと思いきや、別物であることが分かった。
「(仮称)大簾川橋は、この架橋技術を結集して建設を進めていた曲弦形式PC橋で、このタイプの橋梁として世界で初めて支間100mを突破しました。」と三井住友建設のニュースリリースに出ている。
ちょうどJR立木駅に近い、京丹波市・広野公民館で会合があり、そこは和知太鼓の発祥地である藤森神社に隣接している。
会議が終わって帰ろうとしているときに、急に激しい雨が降ってしばし雨宿りしながら、和知太鼓とこの橋の話を聞いた。ここから橋自体は見えないが、写真の通りの眺めであった。
b0042882_2345835.jpg

その後、綾部市内で買い物をして上林に移動したが、途中でじょんのびさんに立ち寄って様子を聞いているとこちらでも少しは雨が降ったようだ。
田圃に立ち寄ると3日しか経っていないが、一段と穂が実っているように感じる。9月下旬といっていたが、中旬には稲刈りが出来るかもしれない。
b0042882_2371865.jpg

月曜日にまいた蕎麦がもう芽を出しているのには驚いた。
晴れると強烈な日差し、降るといえばこれまた強烈な雨で、こういうときは室内作業に限ると思い長らく放置していた天井に取り掛かることにした。蕎麦を蒔くために一部は草ごと漉き込んだが、それ以外は草ぼうぼうの畑が気にはなるのだが、致し方ない。
b0042882_2310411.jpg

ながらくおいていたのは、雪解けの頃に決まって雨漏りというか、梁に水がにじむことがあり原因を探りたかったのだが、ついに分からずじまい。しかし気になるので、天井の点検口を設けることにした。
b0042882_23164688.jpg

今回は都合三泊してけっこう作業に没頭したつもりだが、家の中だって昼間は暑いし雨が降れば気温は下がるが湿度が上がってジトジト蒸し暑いので、休み休みの作業となる。
天井を触ると埃がすごいので、ゴーグルと防塵マスクが離せないのでなおさらだ。もう少し涼しくなってから着手すべきだったかもしれないが、9月は何かと用事が目白押しなのだ。
だれか言ってたなあ、「スローライフは忙しい・・」
[PR]
by susumuja | 2012-09-02 21:49 | いなかぐらし