小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

稲の生育状態 だいぶ垂れてきた

毎日いるわけではないので、正確な日付は分からないが、最初に出穂(しゅっすい)を確認したのは8月6日。おそらくその何日か前に始まったのだろう。
b0042882_17173874.jpg

およそ3週間で穂が垂れるようになってきた。




8月14日に纏まった雨があっただけで、ずっと晴天が続いて稲の生育には恵まれた天候だったのかもしれない。畑と違って、水路から水を流せるからむしろ中干ししたり、これからは9月後半の刈りいれを意識して水を落としていく必要がある。十分乾いていない田圃ではコンバインが使えない。もちろん手刈りで天日干しもしてみたいが、手間と資材が整うかということもある。
b0042882_17225430.jpg

畦刈りで誤って刈った稲、よく見ると葉は虫に食われ、実のいくつかは虫に吸われて色が変わっている。売り物じゃないのでそんなことは気にしない。稲さんはよく頑張った。
b0042882_172594.jpg

ふと見ると大きな鳥が居て、カメラを向けるとかなり距離があるにもかかわらず飛び去った。
b0042882_1726555.jpg

PS:稲の開花は昼前から数時間、受粉すると30分ほどで花は閉じてしまうようです。ずっと居ても注意深く観察していないと見落としてしまいそう。
[PR]
by susumuja | 2012-08-23 23:04 | いなかぐらし