小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

残暑もなにも雨が降らない

残暑とは立秋から秋分までの暑さを指すらしい。まさに残暑のさなかであるが、雨がほしい。
b0042882_1622652.jpg

(ちょっとみ、顔に見えません?)





というのも大気が不安定になって局所的に大変な土砂降りで被害が出たりもしているのだが、上林のこの一帯は地形の影響なのか、近所で降ってもここだけは降らないということが以前からあるようなのだ。8月23日の夕方から雷鳴が轟き、草刈を途中で止めたが、雨はほとんど降らず、地面を濡らすこともなかった。しかし、南に6kmの戸倉の辺りは降ったようだし、西に一山越えた渕垣などでは一時間に35mmの雨が記録されている。
b0042882_16312320.jpg

いつも水が絶えない裏の池も、今年はごらんの通りの状態だ。それでも畑の草だけはお構いなしに伸びているから不思議だ。作物は草に隠れてしまって、思うように育たない。それでも僅かにできた枝豆など引いたあとをトラクターで草ごと漉き込んでみたが、土は固いし埃がすごい。
b0042882_16403981.jpg

一人でカメラをセットして10秒でトラクターに乗り込もうとしている不細工な写真になってしまった。とにかくウネを5つ準備して近所でもらった蕎麦を播いてみた。かなりの放置状態が、少しはましになっただろうか。
b0042882_16432763.jpg

花の植わっているところの先なのだが、写真では3本しか見えない。もともと10本の畝があって、左から1~10と番号を付ければ、3、7・8に加えて0番と11番を追加した格好だ。蕎麦は初めてで、除草が不要という動機不純な点は否めないが、さてどうなることやら。
[PR]
by susumuja | 2012-08-24 23:16 | いなかぐらし