小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

ねむのき

雨が降ったら田圃や畑のことが気にかかるし、かといって雨の中では草刈などやりにくい。そんな鬱陶しい中でひときわ眼を引くのがこれ。
b0042882_0402029.jpg




夜になると葉っぱが閉じるので「ねむのき」らしいが、まだよ夜に確認はしていない。
こちらは「ぎぼうし」の花。
b0042882_0425580.jpg

田圃はまだ水を張っているが、どうしても少しずつ水が漏れるので、注水は欠かせない。反面、一時間に10mm以上といった雨が降ると水路の水が溢れてくるので気が抜けないのだ。
b0042882_0462682.jpg

雨はないよりはあるほうがありがたいが、畑のほうはこの1ヶ月ほどで一気に草が生えてきた。
b0042882_0483823.jpg

上の写真は1ヶ月ほど前にサツマイモの蔓を植えたときのもの。
b0042882_050247.jpg

上の写真は「エゴマ」を5粒ずつ40cmほどの間隔で種蒔きした畝だが、今はこんな感じ、途中まで間引きと草取りをしたところ。
予め苗を育てて移植する方法もあるが、直播にした。直播の場合はマツチといって黒いビニールを敷いて、所々に丸穴を開けて種を撒くと草が生えなくて良いのだろうが、まさかここまで生えるとは思っていなかった。畝の長さは36mほどあるので邪魔臭い。
b0042882_057774.jpg

間引いて除草した部分、2本ないし3本残しているのは、いずれまた1本仕立てにするということだ。
b0042882_0584725.jpg

同じようにして、二条播きした胡麻も間引いてやらないといけないのだろうが、小雨がきつくなってきたので道端の草刈をして打ち止め。
胡麻もちゃんと芽を出ているが、草の成長との戦いだ。えてして雑草といわれる方が強い。いま私にできることは、少しだけ草に意地悪をするくらいのことで、胡麻にはあくまで自力で頑張ってもらうしかない。
ふと見ると名前も知らない蝶がいた。(ベニシジミの仲間らしい)
[PR]
by susumuja | 2012-07-05 23:34 | いなかぐらし