小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

まさかの紛失

乗車券がどこに行ったのか、おそらくあの時ポケットから携帯を慌てて出したときに、、、。
普段は必ず胸のポケットか、財布に入れてしまう習慣だったのだが、なぜか今回に限って上着の右ポケットに入れてしまっていた。福知山でKTRに乗り換える段になって乗車券がないことに気がついた。
結果は事なきを得たのだが、、。



清算窓口で事情を伝えると同じ経路の運賃を払って下のような切符を発行してもらうことになる。
b0042882_22551585.jpg

なんだか二回も払うのは悔しいが、仕方がない。
目的地の改札ではこのチケットを見せるだけで通してくれた。要するに後々の証明書でもあるようだ。
そうして翌日の帰り道に同じ福知山駅で乗り継ぎの時間があったので、もう一度窓口に確かめに行ったら、届いていたのだ。
もちろん、最初に連絡先を伝えてあったので、わざわざ帰り道に立寄らなくても、何れ電話が掛かって来たのかもしれないが、感じるものがあって行ったらそういうことだったのだ。
列車の発射時刻が迫っていたので、詳しい事情まで聴けなかったが、どうも同じ列車に乗り合わせた人が、拾ってくれていたようで、KTR宮津駅に届けられて、チケットだけが福知山まで先に戻って待っていてくれていたのだった。
そうして福知山でも払い戻しはできたのだろうけど、結局最初に買った京都駅の窓口で払い戻しを受けた。
手数料として210円が引かれるが、上記の申告内容に合致したので払い戻しに応じてもらえたということだ。いつもこんなにうまく行くことはないだろうから、幸運というほかない。
 魔が刺すというか、ちょっとした油断で困ったが、何とか救われたのだった。
まあ一言でいえば「クタビレモウケ」で片付くのかもしれませんが、最近感謝の気持ちが薄らいでいないかと神様が知らせてくれたのかも知れないですね、(笑)。
拾って届けてくれた人にはもちろん、ありがとう。
[PR]
by susumuja | 2012-02-10 23:13 | 旅行・小旅行