小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

JRで行きたかったわけ:関西ハムシンポジウム

毎年この時期に開催される関西ハムシンポジュウム。伊丹で何度か開催されたこともありましたが、今年は古巣の尼崎のエーリックという施設で開催されました。
b0042882_18103589.jpg




エーリックは「尼崎リサーチインキュベーションセンター」の略称で、本来は起業家、新事業や先端的な研究開発に取り組む企業に場所を提供する支援施設です。ちゃんとインキュベーションマネージャー(IM)さんも常駐されていると思うのですが、IM室にお邪魔したことはなく、もっぱらアマチュア無線の催しの会場としてしか行った事がない、(笑)。
シンポジュウムの内容はWEBで参照していただくとして、いつもジャンク(中古品やパーツ)市が楽しみだ。
b0042882_18231419.jpg

もうこれは帰り支度を始めた時だから閑散としているが、無線関係の不用品市といったところ。
まあここのところ無線どころではなくなっているので、さすがにジャンクを眺めるばかりで、一つも買うことはなかった。本日の収穫といえば、最初の写真に写っている右側の車が、近畿総合通信局、いわゆる電監の車で違法無線局の取り締まりに活躍するものだ。そこの方の講演があり、違法局の取締りの実態についてさわりだけ聞けた。やはり現場の話は面白い。
それだけなら、時間と金を使って行く値打ちがないが、実際には普段会えない人と久しぶりに会えたりするのだが、実のところ今日は普段会う人には会えたが、会えない人とは結局会えず仕舞い。
b0042882_18312676.jpg

まあこんなこともあろうかと、今日はJRで出かけた。
尼崎駅も通過するだけで馴染みが余りないが、まして立花駅などほとんど聞いたこともなかったので、わざわざJRで出かけたのだ。駅前にはなにやら場違いなほどのビル群が建っていたが、道意通りというのをひたすら南下すると、やがて国道2号線、競艇場を右に見ながら、阪神電鉄線、そして国道43号線を左折しし、コーナンの向こう側を右折したらエーリックだ。一本道で迷うことはないが、これで約3km。
途中で発見したのが下の写真。
b0042882_18363065.jpg

歩いていて菜切山町という標識があり、変った町名だなあと思っていたら急に目に飛び込んできたもの。しかし説明看板を見ると前方後円墳にしては規模が小さい。というより小さくても前方後円墳と認められるというのは、すごいことなんだろうなあと思う。
b0042882_18414563.jpg

前方19尺というのは6m四方という事だと思うのだが、、、。
古墳といえば、綾部の吉水さんの庭には大小幾つも古墳があって、小さいものはそれこそ2m程度のようだ。
私はもともと池田の出身で、尼崎や伊丹辺りというのはかなり近いのだが、阪急宝塚線が豊中市を経由して大阪市にいたり、伊丹や尼崎というのは、一旦大阪に出ない限り行けないという関係にある。しかも阪急は十三で神戸線に乗り換えて、今回のエーリックに行こうとすれば塚口か、一つ先の武庫之荘からという事になる。
この辺りは、北側から国道171号、阪急神戸線、JR東海道線、国道2号線、阪神電鉄、国道43号線と大阪市をハブとして、全部が東西に並行してしまっているのだ。それで昔から近くて馴染みがないという事だったので、今回はどうしてもJRで行きたかったのだ。
[PR]
by susumuja | 2012-01-29 18:50 | 旅行・小旅行