小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

徳島へ行ってきました

まだ暑いさなかに、8月中にでも伺うと約束していた徳島行き。なんだか色んなことが重なって延び延びになっていました。
b0042882_171059.jpg

写真は国道55号沿いにある大砂海水浴場の一角、幼い子供を連れていたので、少し外れたこの辺りで遊んだが、おそらく最初に四国の海に触れた場所と思う。その後数年間、毎年のように宍喰辺りに遊びに行った。



話せば長い話になってしまうのだけれど、今回同行した幼馴染と私は中学生の時にアマチュア無線を始めたのだが、その際にお世話になった夫婦を徳島に訪ねたのだ。
b0042882_1773843.jpg

上の写真は宿泊した「遊遊NASA」、海部駅から1Kmほど先の海を望む丘にある。10数年前にも同じ所に投宿したらしいが、食事をした覚えはあるが、泊まった事はすっかり忘れていた。
b0042882_1955651.jpg

この写真は夕陽のようにも見えるが、まさしく朝日だ。左手が遮られているが、海部駅方面。
さて話を戻すと、当時の中学生が既に還暦を過ぎており、池田市の小高い緑ヶ丘団地に新婚さんとして入居されていたお二人の所にお邪魔したのだから、年齢的には一回りほど先輩ということだ。
元々大阪市内で経営されていた繊維関係の会社を徳島に移して続けられ、当時は何社もそうした事業所があったそうだが、今では唯一の存在だとか。
b0042882_17192451.jpg

まだまだ身辺整理とかいう訳ではないが、永らく使わなくなった無線機や、とってあった自作品を捨てる前に見に来ないかというお誘いがあったのだ。
古いダイアルの付いた鉄箱は、中学生には眩しく映ったお手製の無線機だが、永年の間に錆びて埃をかぶっていた。右手の紙箱に入っているものはそれでも比較的新しいものといえる。
最も錆びて茶色になった鉄箱にはロータリコンバーターが入っていて、真空管式の無線機に供給する高圧直流電流を車のバッテリーから作り出すもの。今なら全て半導体によるコンバーターに置き換わっているし、まして真空管もよほど特殊なところにしか使われない。
b0042882_172701.jpg


これはジャンクの中に紛れていた「熱式分流器」と書かれたもの。
電気の測定関係に使うものだろうとは思ったが良く分からないので、帰ってからWEBで調べてみようと放り込んできた。
b0042882_17284698.jpg

その後、別の高周波電流計の写真を撮って拡大してみると、どうも先の分流器はこの電流計用だと分かった。昭和16年製、御年71歳ということになる。
いずれ錆びや埃を落として、ちゃんと動作するか確かめてみようと思う。
MNY TNX JA3EX ES JA3DMM
[PR]
by susumuja | 2011-11-14 22:58 | 旅行・小旅行