小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

ささやかな雪かき

10日ほど間があいたが屋根の雪が気になって綾部に出かけた。降雪はそれほどなかったが、低温が続いているので雪がいつまでも融けない。
b0042882_21443468.jpg




案の定、水道管の一部が凍ってしまって、蛇口を開いても水が出てこない。写真は雪の下の元栓。穴が二つ開いているが、左のは間違った位置を掘ったもの、(笑)。写真の下が切れているが、鹿の糞が一杯転がっていた。
それと前回にエンジンをかけてみたが、バッテリーが低温で弱っていたためかからなかったため、今回はまず充電をして、その後しばらく暖機運転をした小型ユンボ。
b0042882_21483670.jpg

舞鶴のY田さんによると、雪は降ったままだとなかなか融けない、長靴を履いて踏みしめておくと融けるのも早いという。「いじった雪は早く融ける」とだけ聞いていたので、ジョウレンで土起しならぬ、雪起しをしておいたが、長靴で走り回るほうが簡単だったかもしれない。表のほうは陽射しがあるぶん雪の嵩も減っている。
b0042882_221025100.jpg

そんな話も、いつものじょんのびさんで仕入れた情報だ。
b0042882_2152552.jpg

壁のカレンダーは、「ジョン君」のカレンダー、2月はオニのお面を被っていた。
僅かな雪かきでも汗だくになった。その後、ジョンノビさんでお茶にして、待ち合わせていたS木さんから、お願いしていた白菜を受け取って帰宅。
今年になって4回目だが、毎回日帰りで、なかなかユックリ泊まれないでいる。それでもここにくれば、楽しい仲間が大勢いる。
b0042882_21582319.jpg

一緒に飲めるといいのだが、沖縄で買ってきた泡盛を一人でチビチビいただきました。
[PR]
by susumuja | 2011-02-05 22:02 | いなかぐらし