小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

偶然の旅

今回の旅では偶然ということが多かった、それにトラブルも。普通列車での旅もすこしなれてきたせいもあると思う。
b0042882_10364193.jpg

▲写真は止む無く飛び降りた東静岡駅。




あろうことか静岡で熱海行きに乗ったつもりが、一本早い興津行きに乗っていて、相方が自動販売機目指して列車を降りたとたんにドアが閉まったので、私は荷物と一緒に次の東静岡駅で待つ羽目に。

で、ややこしいのはここから。東静岡駅で泡を喰って飛び降りたものだから、自分の荷物を網棚に置いたまま相方の荷物を持って飛び降りたのだった。
要するに最初に静岡駅では人と行き別れ、さらに次の東静岡駅では自分の荷物と行き別れたというわけだ。
しかも、熱海行きの列車で来た相方と再会した列車の中で、「荷物が少なすぎ」と指摘されるまで気がつかなかったのだから頓馬な話だ。
大した荷物ではないが、お宮参りと七五三の祝いのために持参したスーツなどが、このままでは使えない。さらに着替えの下着なども、、。
列車の最後尾まで行って、車掌さんに聞いたら、先の列車は興津で折り返すと言う、ちょうど乗っている列車が清水に到着した時点で、すこしの待ち合わせでその列車がくると言うので飛び降りた。
b0042882_10403449.jpg

しばし待つと興津からの列車が入り、無事荷物と再会できたので、荷物を取ってその列車からまた飛び降りて、結局は予定していた熱海行き(静岡発14:33)の一本後の列車で熱海に向かうことができた。
それにしても女性の若い車掌さんだったが、実に機転が利いて助かった。
東静岡14:36に発車してから、草薙駅の次の清水で14:44までの八分間のドラマです。この間、彼女は車内案内と駅での乗降案内をしながら調べてくれました。
b0042882_1041528.jpg

▲この写真は定番化した熱海駅での休憩、タクシープールを跨いで向かいのマクドナルドの二階席からの駅方向の眺め。やれやれといったところ。

ところで偶然の話というのは、ここまでの行程で元の会社の方と何人も出会ったことである。
最初は京都駅でD達さん、T部さんの二人を見かけたが、京都が本社の会社だから当然といえば当然。
次は彦根駅に着いて多くの人が席を立ったが、その中に元の職場の方とバッタリ。さすがに声をかけた。向こうもびっくり、(笑)。
さてその次だが、エライ目にあったが荷物とも再会できた清水駅で、向こうから来た中年のオジさん、どう見てもM上さんに似ているが、最後は声をかけましたらやはり本人でした。そうこうしているとほかにもY田さんが同行してるのがわかりました。こればかりは双方びっくりでした。
詳しく説明することはしませんでしたが、いくつもの偶然が重ならなければ、この出会いはなかったのです。
ここを通過して知らないままにすれ違っていたことでしょう。
b0042882_10504795.jpg

▲無事初宮参りと七五三の祈願を終えました。
これも偶然なのかなあ、上の子が初宮参りした氷川女体神社で下の子もお宮参りでした。一度都内に転勤で引っ越したのですが、またこの数ヶ月前に戻ってきたのです。
こんもりした森の中にある築400年の社殿(徳川家綱再建)ですが、東の正倉院ともいわれ歴代の将軍さまの祈願もされたという由緒ある神社です。
[PR]
by susumuja | 2010-10-14 22:34 | 旅行・小旅行