小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

虫のしらせ

自然が残されているという事は、虫や動物も多い。それは仕方のないことだ。中には見たこともない虫も。
b0042882_11282671.jpg




玄関先に小さな茄子が転がっているのかと思ったら、シッカリ虫であった。茄子と思うほどふっくらと丸く、突付いてやると、「キューキュー」と鳴く。一度裏返したら自分では起きられない、なんともひ弱な感じの虫であった。
b0042882_1135316.jpg

これは「かとんぼ」と呼んでいる虫と思うが、今まで見た中ではかなり大きいし太い。
b0042882_1136536.jpg

これはホタルで川からは100m以上離れているが、風に乗って飛んできたのだろう。残念ながら夜になっても光らなかったように思う。
梅雨に入ったようで湿気が多くなったせいか4日目になって畳の上にゲジヤケヤスデを見かけた。予定ではもう一泊するつもりでいたが、作業の進捗と来週の予定を睨んで夜になってから急遽帰宅することにした。
戸締りの確認をしたりバタバタしていたら、百足を発見。
これは何とかしなければと思い、時間が急くのにゴキブリ用殺虫剤を取りに戻ってやっつけた。10cmはあったと思う。石の下の隙間にいて、薬を吹き込んだら小さい3cmほどのと大きいのが1匹ずつ出てきて、裏手の確認をして戻ったら、さらに10cmがもう一匹飛び出した。
泊まっていたら百足にやられていたかもしれない、、、。
[PR]
by susumuja | 2010-06-20 11:46 | 自然