小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

電気工事士試験

久しぶりに京都に出た。河原町から201号系統で八坂神社から東大路を北上。行き先は京大吉田キャンパス。
b0042882_21334024.jpg




のんびりバスに乗るとおなじみの景色も変わって見える。おのぼりさん気分てとこか。
b0042882_2144572.jpg

2種の工事士の筆記試験は大学の証明で免除、いわゆる実技試験だけを受けた。本来は大阪での受験だが京都の方が馴染みがあるのでそうしたが、京大へのバス便はそれほど便利ではないので少し早目に出かけた。
試験時間は正味40分とかなり短い。実際、指定の材料を使って配線を完了したと同時に終了の合図で、見直しの時間が取れなかった。
このご時世だから材料費のかからない問題が出るのではないかと思っていたら案の定というかシンプルな問題が出た。公表されている問題のNO.11であった。もっとシンプルな問題もないではないが、3路とか4路スイッチは意外と高価だ、(笑)。
最初に配られる問題用紙の表面に材料表があるので大体どんな課題か想像がつく。しかし実際に配線のやり直しなどする余裕がないのは分かっているので、かなり慎重に取組むことになる。本番では時間のたつのが早かった。家では複線図を書くのに約4分だったのに、時計を見たら6分経過していた。それと予備の部品の支給はあるが線材はないので切断するのにどうしても躊躇してしまう。
何とか時間内に出来たと思ったが、アラッ!連用枠に取り付けた3個のタンブラスイッチの一つが枠から外れているではないか、わーッ!!
[PR]
by susumuja | 2010-06-05 21:57 | 四方山