小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

ちゃくちゃくと

ちゃくちゃくと進めているつもりだけど、なかなか表に見えてこない。壁工事などは外観が変わるのでわかりやすいが、家の中の水周りだとか、床の工事はなかなかわかりにくい。
b0042882_1174028.jpg




2mほどに裁断してあるので乗用車でも充分に載るが、こんなものを運び込んでは工作している。
こちらは口径が大きいので接着剤でくっつけるにしても簡単ではないというので、直ぐに固まらない特殊な接着剤を探したり、挿入器に代わるものを探したりした。
b0042882_1111485.jpg

カットするにしても、幅広のテープ状のものを巻いてカット線を描いて切り、バリを落としてタップリの接着剤をつけてからこんな風にやってみました。
b0042882_1113176.jpg

VU100程度なら何もなしでも大丈夫という人もいます。
業務用には数万円で専用装置があるようですが、私は荷物を締め付ける器具(荷締器)を使いました。
b0042882_1115024.jpg

でこういう感じになりました。ブロックもXY方向だけでなく、Z方向(高さ)もあわせるのは至難の業です。最初は手出ししないようにして、私は大工仕事に専念していたのですが、何度もやり直す必要があって途中から手伝ってかなり遅い時間までかかってようやくここまで漕ぎ着けました。
お疲れ様でした。
裏手の入り隅部の杉板を張り終え、翌日にはさらに第一期としては最後の部分の目処をつけることが出来ました。
b0042882_11215196.jpg

隅の部分の処理をどうするかまだまだ課題が残されています。
b0042882_11224530.jpg

板を寸法通りに切ったり、水平を見ながら張っていくのですが、かなり手馴れてきました。
[PR]
by susumuja | 2010-04-29 22:03 | いなかぐらし