小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

みぞ掃除と岸焼き

雨天順延で14日に行われた溝掃除と岸焼きに参加してきた。朝から快晴、1週間まったかいがあるというものだ。
地域によって言い方が違うのかもしれないが、ここでは「村用(むらよう)」ということだった。
b0042882_20522410.jpg




朝のうちは集落の田や畑のぐるりにある溝掃除。雪が積ると重みで土砂や石ころが溝に落ちて流れを邪魔するので、雪の季節が終わると皆で掃除をするというものだ。小さめのスコップや小型のジョウレンなど持ち寄って土砂をすくい上げていく。
b0042882_20552172.jpg

泥鰌(どじょう)がいると聴いていたが、なかなかいないでようやく一匹見つけた。以前はシジミも一杯あったそうだが、、。
b0042882_20565825.jpg

午後から岸焼き。堤防の両面、河原の葦も燃やすが、風がないとなかなか燃えず、しかし風が吹くと火が大きくなって怖い。バケツに防火用水を準備しているが、消防車も出て警戒している。
田の畦も焼いていく。昔と違って今は農業も機械化で共同作業の機会が少ないので、ご近所同士の会話も弾むというものだ。
b0042882_2122828.jpg

15:30で予定終了し、一旦集合場所に集まって、そこで頂いたお土産の一つがこれ。
b0042882_2134015.jpg

ご馳走様でした。
[PR]
by susumuja | 2010-03-14 20:49 | いなかぐらし