小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

黒豆炊けた

28日から取り掛かった黒豆がようやく炊けました。
b0042882_22315430.jpg




黒豆は以前にも炊いた事があったが、豆の表面に皺ができたり、硬かったりだった。
しかし今回は違う。中には皮が破れたものがあったり、少し皺がいってるものもあるが、大半は艶々とおいしそうで、口に入れると柔らかく、押しつぶした実もネットリ感がある。まあ及第点だろう。
失敗だったのは、最初に豆の重さを量らなかったこと。
この重さがわかれば、その1.3倍程度の砂糖で煮詰めたら良かったのだけれども、計らずに豆を水につけてしまったものだから、少々手間取ったといえる。
b0042882_22355288.jpg

豆はもう2年か3年前にもらった瑞穂町の丹波黒、軽く水洗いして、28日の夕方から水に漬けておいた。
古い豆だから水に浮くものがあるかと思ったが、まったくどうもなかった。
午前中から出かける予定があったので、翌29日は朝の1時間ほどユックリと一度沸騰させてから寝かせておいた。
帰宅して夜遅い時間から、また1時間半ほど沸騰させて一晩冷ましておいた。
30日は午前中と午後にやはり1時間半ずつ沸かして、夜になってから砂糖を少しだけ入れて一度沸騰させてから一晩置いた。
31日になって、朝から全体の3分の2程度の砂糖を3回に分けて加えては沸騰させて、冷ますという事を繰り返した。もちろんタップリ目の水が常にあるように水をさす。
砂糖を加えだすと、ある程度煮詰める必要がでてくるので、適当な布巾などの代わりにクッキングシートを丸く切って、所々穴を開け、とにかく「豆が冷たい空気に触れないよう」に、カバーしておいた。
それだけ。
とにかく柔らかく茹で上がるまで今回は2日間を要した。砂糖での味付けはコマメに段階的に甘くしていった。
PS:えらくコマメに沸かしたり冷ましたりしたのは、おせち料理をする合間を縫って黒豆担当が動いたため
   ですから、この通りする必要はありません、(笑)。
PS:今日は北のほうでは雪がけっこう降ってるようですね。大阪では寒いですが、全くといって良いほど
   降る気配はありません。どちら様も、良い歳をお迎えください。
[PR]
by susumuja | 2009-12-31 22:47 | ひとり言