小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

いなかへの入り口

今日は池田市の文化会館まで出かけてきました。池田市・北摂地域・綾部市交流イベントが開催されたからです。
b0042882_1825352.jpg




もう5回目だそうです。写真は会館側からテントの張られたグランドを遠景で写しましたが、雰囲気は分かると思います。
お客の数が今ひとつという感じですが、11:00から新鮮野菜などの販売は、私が到着した12:00頃にはほぼ完売状態でした。それに今日は天気が良すぎた。陽射しが強くて皆さん木陰に避難していました。テントの中で頑張っておられた方はさぞお疲れだったと思います。
それでも善哉と、野菜鍋(ブタ汁)の列に並んで試食したり、会場で買った栗ご飯を食べたりして、満腹になったところで、2階のコンベンションホールへ移動。
b0042882_18285767.jpg

午後1時からのコーディネーター、四方英喜さんはUターンで米作りをする専業農家さんですが、ちょうど昨日の「人生の楽園」で紹介されたそうですし、パネラーの一人である小松廣士さんは、元なが~いお付き合いの銀行マンでやはり、8月末の人生の楽園で紹介された方です。
あとパネラーには半農半Xで、Xは看護士という都間(つま)ひとみさん、池田から移住された自然食研究家の松村苗未さん、それに池田市在住の新田俊一郎さんということで、綾部の良いところ、よくないところをない混ぜて紹介されていました。昨年と違って、今回のパネラーは新田さんを除いて3名とも上林在住者で口・中・奥上林から1名ずつの参加でした。
b0042882_1842516.jpg

最後に抽選会があり、チャッカリ連れが上原副市長さんから丹波栗を頂戴しました、(笑)。

PS:実家に戻ったら、池田市の広報で知ってたようで両親はシッカリ野菜をゲットしていました。
[PR]
by susumuja | 2009-10-04 18:44 | いなかぐらし