小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

京町家、嵐山で鵜飼見物

梅雨明けならず八月に突入した京都に集まって、鵜飼を見に行こうという。
b0042882_15432320.jpg

京都には大学時代からかれこれ40年も通っているが、先日は初めて山鉾巡行を見物したし、きょうはきょうで、嵐山で鵜飼を見るというので出かけた。地元ではないが近隣に住んでいて、そもそも嵐山に観光で出かけると言うこともないし、まして鵜飼のようすを船に乗って見物するなど、完全にお登りさんコースだ。




集合は四条烏丸交差点、集合時間まで室町通りを二条辺りまで散策しようと余裕を見て出かけた。
この双葉をクリックするんじゃなく、
b0042882_15385678.gif

双葉マークの後の写真はクリックすると大きくなります
b0042882_15493739.jpg

お目当てはこうした京町家である。京都の町並みを少しでも保存しようという動きがあり、室町辺りにそうした建物が多そうだと見当をつけて行ってみた。狙いは良かったが、ジックリ見るには時間がなさ過ぎた。

10名以上だと市内中心部までマイクロバスで迎えに来てもらえました。
まつ屋さんでシッカリ京風の料理を味わいながら、ひとしきり談笑。学生時代のサークルだが、ほどよく年代に幅があるので、懐かしい先輩・後輩も交えての集まりである。
b0042882_15385678.gif

b0042882_1540761.jpg

いわゆる観光客の集まる界隈は避けるようにしてきたので、灯台下暗しであったが、なかなか親切だし良い塩梅でした。船の方もこんなに安く乗れるものかと驚いた。

b0042882_15385678.gif
b0042882_15395515.jpg

お店から船場までは徒歩1分程度。
嵐山で舟遊びなど一生することなどあるとは思わなかったが、案内されたらやはり見てみたいものである。
少しウキウキした気分です。

b0042882_15385678.gif
b0042882_15401729.jpg

船から眺める渡月橋や向かいの旅館街が暮れなずむ景色は風情がある。なにより涼しい。

b0042882_15385678.gif
b0042882_1540318.jpg

水嵩が増していて、鵜飼の実演はないかもしれないと最後まで心配だったが、少し濁ってしまった水でも催行するという。どうせ格好だけだろうとたかをくくっていたが、確かに鮎を咥えた鵜を目撃しました。
b0042882_15385678.gif
b0042882_15404359.jpg


船頭さんの話によると850年頃にはここで採った鮎を御所に届けていたそうだが、現在の鵜飼は昭和25年に岐阜の鵜匠を招いて復元したものだという。

この集まりは、ある先輩の急逝がキッカケで始まったもの。不思議なご縁をいただいた、合掌。
直前に手指を怪我したので、上手に箸も握れないため、一瞬欠席も考えたが、行って良かったです、(笑)。
[PR]
by susumuja | 2009-08-01 23:52 | 旅行・小旅行