小旅行、自然観察、自作、太陽光発電、無線の趣味、デジカメ


by susumuja

草刈研究-その2

エンジンのついた草刈り機、刈り払い機ともいうようですが、結構おもしろいです。
小型の2サイクルエンジンがついていて、排気量は50CCの原付よりも小さく、20CCから30CCくらいまで、色々なものが販売されています。
間伐材研究所で使ったものは23CCだったと思いますがもう一つ大きな26CCタイプにしました。回転刃のサイズが10インチ(255mm)タイプが使えるようになります。多分、大は小を兼ねるという読みです、(笑)。
b0042882_210568.gif
b0042882_23273654.jpg

エンジンを触ったりするのは楽しいんだけれど、これだけの草を刈るというのは、結構キツイです。
最初1時間ほどはナイロンワイヤーで刈っていましたが、埒があかないので、チップソウという丸ノコのような刃を使いました。
雨が降った後なので草が軟弱で、しかも丈も結構あるので、ワイヤーを使うと粉砕された草が、粉を練っている感じになってうまくありません。もっと回転を上げるといいのかも知れませんが、エンジン音がうるさ過ぎます。

思い出して写真を撮った時は、スッカリ暗くなってシャッタースピードが遅くて手ぶれしてます。
温泉に浸かって疲れを取ってから帰ろうと思っていたのでですが、入らずに一気に家まで帰りました。今夜はぐっすり眠れることでしょう。
[PR]
by susumuja | 2009-07-05 23:36 | 自然